スーパーで値引き商品しか買わずに節約

当たり前と言えば当たり前の節約方法ですが、スーパーの閉店間際の30%引きとか半額商品を狙って買う日常の買い物を心がけています。基本と言えば基本ですが、世の中の主婦の皆さんは17時ごろまでにスーパーで買い物を済ませて19時ごろに夕食にするというスケジュールを取っているので、18時過ぎからスーパーの閉店時間くらいまでは値引きが行われるのが私のようなケチケチ節約民にとっては常識です。

なので、子供がいないとか元々夜遅めのライフスタイルだったら夕食の時間を敢えて遅くすることでかなり食費節約が出来ます。スーパーごとに値引率が違うのと、閉店時間によっても値引率や値引きを始める時間が違ってくるので定期的に通って地域のスーパーの値引き時間と値引率の傾向を掴むのが重要です。

24時間営業のスーパーは値引率が低いです。当日売れ残ってもそのまま置いておけば深夜には売れる可能性があるだけでなく、営業時間が長いので午後になってから調理したりしていて賞味期限が翌日まである商品もあるから店が無理して値下げして売らないからです。

狙い目はやはり個人系スーパーで、お惣菜や刺身を当日売り切りで作っているお店です。特に今日の晩御飯はこれにして、材料を買おうとして出かけるより、安くなっている商品ベースでメニューを考えるようにするので私は半額シールの貼ってある商品しか買わないことがほとんどです。意外と、そのほうがメニューを悩む余地が無いので献立作成も楽だったりという副産物があります。

保存

保存