先日バレーの試合観戦をして思ったこと

高体連のこの時期、息子はサッカーを小学生からやっていて今年で最後の高体連、集大成だ。そんな中、仲良しママ友の子供が高校生になったことを機にサッカーを辞め、バレーに転身したのは知っていて一度、試合を見てみたいと興味をもっていたので会場も近くの体育館だったので息子の試合終わりに見に行くことにした。

思えばバレーなんて自分が学生の時の授業でやったり見たりしただけで大人になってからあまり身近にあるスポーツではなかった。男子バレーともなると高校生だしみんな180~190センチの選手が多く、入り口付近や通りすがりに見るとユニフォームや練習着を着てるから高校生と思って見るが知らなかったら大人か高校生かまったく判断が付かないような良い体格をしてる子供ばかりで迫力に圧倒されていた。

実際の試合になったらその迫力はさらに私の心に圧倒的な感動をくれた。家の子供たちは野球とサッカーをしていたのでその試合は見に行く機会があったが他のスポーツは自分も日頃運動をする訳では無いので縁がなかったのがもったいないと思ってしまった。

全国出場するようなチームは残念ながらこの辺りにはいないのでそういう意味では大したことないと言う人も居るかもしれないが私からしたらかなりの迫力と高校生から始めた友達の息子の頑張りに涙が出そうになった。

昨今の若い子は怒られたことがないから社会に出てすぐ諦めたり仕事を簡単に辞めたりする人が多いと言うが私の目の前でバレーの試合をがんばってる子供たちはみんな監督に叱咤激励されそれでも自分たちのバレーを確立しようと頑張ってるのが伝わったからだ。

この子供たちは間違いなく社会に出ても立派に社会人生活を送るだろうなと思えたので、日本の将来もそんなに暗いものではないのではないかな?と思った一日でした。息子も高校生活最後の選手権に向けてまた練習に励んでます。頑張ってほしいと思います。

スカイバレーキャンプ場

保存

私の好きなサンドイッチはツナ、ハムといった定番商品!

一口にサンドイッチといってもコンビニなどで売っているモノから、ちょっと本格的なサブウェイなどのサンドイッチ、カフェなどで食べれるモノからパン屋さんの商品、さらにはランチパックといった総菜パンに分類されるモノまで様々な種類のモノが存在します。

勿論自宅でだって手軽に作ることが出来ますが、私が一番好きなサンドイッチはランチパックだったりします。ランチパックはまず食べやすいのがいいですよね。中身がきっちり閉じられているので零れる心配はありませんし、またサンドイッチって種類によっては結構分厚くて食べにくモノもあるんですがランチパックはかなり薄めのモノが2枚入りといった食べやすさ重視な点がありがたいです。手も汚れないので時間がない時にパソコンで作業をしながら摘まむことが出来るのも魅力と言えます。

それにランチパックは本当に種類が多くいろいろ選べる楽しさがあります。総菜系のモノばかりではなく甘いスィーツ系のサンドイッチもあるし、総菜系のモノでも野菜が全然入ってないのが私的にはツボです。サンドイッチにレタスとかトマトを入れるとちょっと水っぽくなるから好きじゃないんですよね。ですがランチパックはハムならハム、卵なら卵と非常いシンプルな中身なのが嬉しいです。

ちなみに私が好きでよく購入するのはツナ、ハムといった定番商品。変わり種は好奇心で1回試してみてもほとんどが2度目はなかったりします。そして迷った時には定番商品ハムとツナの2つを購入します。

充実とは何か日々の疑問と問いかけ

私がこの5月にはいて何をしたかというのは余り覚えていない。こんなことがもう、何年も続いているけれど私にとっての一年間はすごく貴重で毎日がチャレンジの連続です。「何にチャレンジ?」という疑問もありますが、これに関しては私の中だけの楽しみごとにしているのです。

友人は毎日のように合コンに明け暮れ婚活結婚という目標に向かって歩いているけれど、それに比べて私の日々は趣味と仕事、それにプラスした得体の知れないもので満たされる毎日なのです。

でも、そこに不満はなく自分で納得した日々と時間の使い方をしているのです。よく耳にするのは「あぁ毎日つまらない退屈」という決まり文句のように言葉を吐き捨てる同僚を見ていると私はその「得体の知れないもの」に毎日を満たしてもらい充実している、私はどの人よりもその部分に関しては幸せを感じていると思っています。だって「退屈」っていう事がないんですもの。こんな幸せはありません。

私たちは毎日何かに満たされてそれに満足して生きていかないと納得のいかない生物なのだと、毎日実感しつつ何気ない時間を過ごして、終えていく事をつまらないと思うのなら私はそれは怖い事だと思いました。何に満足して何に満たされるのか、人それぞれ違う事を女性は嫌います。毎日充実していそうな人と同じになろうとするのです。それは、必要な事なのか女性と毎日喋って会社で日々終えていく私の疑問はこれで終わろうと思います。

チーズ入りのクレープに出会い、1口食べただけで虜になった

毎日のように、コーヒーと一緒に甘いものを食べる時間は、1日の中でも贅沢に感じられる時間です。その時間を、さらに素敵にしてくれるのは、新しく出会うスィーツの数々です。昨日も、近くのスーパーマーケットで、食べたことのないスィーツを発見してしまいました。それは、チーズが中に入ったクレープです。

日本でのクレープとは違って、筒状に包まれてて、見た目としては春巻きに近いです。値段もそれほど高くなかったため、購入してみました。冷蔵のクレープでしたが、レシピにそって、フライパンでちょっと焼いて食べてみました。クレープのほのかな甘みと、チーズの酸味のある甘さがマッチしていて、最初の1口目で気に入ってしまいました。

日本では、ミルクレープや中身に入っているものが冷たくて、ひんやりしているクレープが多いですが、このクレープは温かくて、優しい甘さがあり、日本のクレープにはない美味しさがありました。早速、現地の友人に、このクレープがすっかり気に入ってしまったと報告すると、現地でも人気のスィーツだと教えてくれました。

それに、チーズだけでなく、ハムや野菜など、中身の違うクレープもあるそうです。私が見かけたクレープはチーズしかなかったのですが、いろいろと種類があることを知りました。スーパーマーケットには販売されてないですが、クレープ専門のキオスクがあり、そこで作りたてのクレープが食べられることを教えてもらいました。

それを聞いてからというもの、街を歩く度に、クレープ屋さんを探すようになったことはいうまでもありません。残念ながら、まだ見つけてはいませんが、見つけた時はぜひ作りたてのクレープを味わいたいと思います。

保存

スーパーで値引き商品しか買わずに節約

当たり前と言えば当たり前の節約方法ですが、スーパーの閉店間際の30%引きとか半額商品を狙って買う日常の買い物を心がけています。基本と言えば基本ですが、世の中の主婦の皆さんは17時ごろまでにスーパーで買い物を済ませて19時ごろに夕食にするというスケジュールを取っているので、18時過ぎからスーパーの閉店時間くらいまでは値引きが行われるのが私のようなケチケチ節約民にとっては常識です。

なので、子供がいないとか元々夜遅めのライフスタイルだったら夕食の時間を敢えて遅くすることでかなり食費節約が出来ます。スーパーごとに値引率が違うのと、閉店時間によっても値引率や値引きを始める時間が違ってくるので定期的に通って地域のスーパーの値引き時間と値引率の傾向を掴むのが重要です。

24時間営業のスーパーは値引率が低いです。当日売れ残ってもそのまま置いておけば深夜には売れる可能性があるだけでなく、営業時間が長いので午後になってから調理したりしていて賞味期限が翌日まである商品もあるから店が無理して値下げして売らないからです。

狙い目はやはり個人系スーパーで、お惣菜や刺身を当日売り切りで作っているお店です。特に今日の晩御飯はこれにして、材料を買おうとして出かけるより、安くなっている商品ベースでメニューを考えるようにするので私は半額シールの貼ってある商品しか買わないことがほとんどです。意外と、そのほうがメニューを悩む余地が無いので献立作成も楽だったりという副産物があります。

保存

保存

お古のワンピースが太って着られなくなってショック

私は親せきの中でも末のほうなので、お古の洋服には恵まれていました。今はアラフォーですが、あまり身長がのびなかったので子供のころにもらったお古の洋服の丈がちょうどいいくらいなのです。

デザインも、家の中でなら着られるかなというワンピースがあり、それを先日着てみたのですが・・ですが・・。お腹周りがきつすぎて入りません(泣) 丈はちょうどいいのですけど、サイズが合わなくなっていました。

これを譲ってくれたいとこのお姉さんは、、こういっては失礼ですがそんなにすっきりした体型の人ではないです。その人が着ていたワンピースが、私にはきついのです。これはとても悲しい現実です。ダイエットして着られるようにするか、諦めるしかありません。

他のお古は、デザインが子供っぽすぎて家の中で着るのもどうかという、かわいらしいものばかりです。これを誰かに譲りたいですけど、私より下の子がなかなか生まれないので・・。自分の体型を客観的に見る機会はあまりなく、どうしても自分には甘くなってしまうので、たまにはこういうことでショックを受けるのもいいかもと思います。

あのワンピースは、お腹周りをひきしめないと着られませんから、今年中に着られるのかわかりませんが、ここ数日は間食はなしで、お腹に効くストレッチは続けています。街を歩くときも、ショーウィンドウに映る自分の姿が気になるこのごろです。やはり全体的にゆるんでいます。以前と同じようにしていたら太る年代です。